鍼灸治療活用で身体を守る

事情がある人向けの鍼灸治療

妊婦の方でも大丈夫

あまり知られていないかもしれませんが鍼灸治療は妊婦の方に対しても有効です。
妊娠中のつわり軽減効果のあるものや安産になりやすい身体になるともされています。

妊娠中は特に口にするものに気を遣わなければなりません。
迂闊に薬を飲むわけにもいきませんから極端に限られた選択肢しか与えられない妊婦の方にとっては比較的気軽に出来て且つ信用出来るのがこの鍼灸療法です。

妊娠している以上、身体に負荷がかかるようなことは出来ませんので基本的には鍼を刺したままにしたり灸を乗せるだけの治療になります。

ツボを押すことでも妊婦の方特有の症状に対して効果的ではありますが、デリケートな身体を無闇に押すのはリスクが高い為、余程知識が無い限りは鍼灸院にお任せしましょう。

子どもの鍼治療

子ども用の鍼を用いた療法は大阪地方で発達しました。
しかし大人に使われる鍼の大きさでは子供の敏感な肌にとっては刺激がどうしても強くなってしまいます。
また、鍼を刺すという動作自体が子どもにとって身体的だけでなく精神的にも負担を与えることになってしまう為、考えられたのが鍼を刺さない鍼治療。

鍼を使うことには変わりはないのですがそもそも使用する鍼の形状が異なっており、それらを身体のツボに対して押したり、叩いたりといった風に使います。

就寝時の夜泣きや、寝つきの悪さ、疳の虫や神経質など鍼治療によって子どもだろうと得られる効果は様々です。
しかしそうは言っても個人差があるのでまずは継続することから始めなければなりません。


この記事をシェアする