鍼灸院で治療できること

鍼灸治療活用で身体を守る

鍼灸院の存在

鍼と言えば肩こりですが一体どのようにして肩こりを解消するのでしょうか。 同様のマッサージによる解消とはどのような違いがあるのでしょうか。 その違いと鍼による刺激の効果について見ていきたいと思います。 また、刺激による効果は肩こり解消だけではありません。

刺激による効能

自分とは無縁な存在、身体に鍼を刺すなんて信じられないなど様々な理由で鍼灸院を敬遠してしまう人も多いのではないでしょうか。
また、鍼や灸と聞くと真っ先に肩こりや腰痛などの治療に用いられるというイメージを持ってしまいますが実は様々な症状に対する治療法となっております。

元々は中国から伝わったものですが、江戸時代頃に日本で進化を遂げて独自のものとなりました。
歴史を辿るとかなり昔の話になりますがそれは信憑性のある治療法であることの裏返しです。
実際、WHOからのお墨付きを貰っている以上間違いないでしょう。

鍼治療はただ単に鍼を刺すだけでなく症状や状態によって刺したまま動かしたり振動させたりする方法などがあります。
これは身体に点在しているツボを症状に応じて刺激することで作用を促し、効果を発揮させる為のものであり無闇矢鱈に行っているものではありません。

女性特有の悩みや子供の症状に対しても鍼などは効果があるとされており、意外にも老若男女問わず鍼灸治療を行うことが可能です。
肩こりや腰痛などといったイメージが先行しがちな為、どうしても鍼灸はある程度歳を食ってから行くような場所だと思われていますが実際はそうではないのです。
但し、個人差はあるにしても通常の病院での治療や薬を飲んだ時と同じように副作用が絶対に無いとは言い切れないので特に子供や妊婦の方で鍼灸治療を受ける場合はその点だけは注意しておかなければなりません。

おすすめリンク

事情がある人向けの鍼灸治療

妊婦の方や子どもなどはデリケートなので何かが起きた時、そのデリケートさ故に対処が難しいこともしばしばあります。 しかし鍼灸治療ではそういった人たちが対象の治療法もしっかりと確立されている為、そこまで神経を使わなくとも安心して受けることが可能です。

副作用と判断する為の材料は少ない

鍼灸治療は様々な症状に対して効果的ですがその反面、副作用のリスクもあります。 しかしそれが副作用と言えるのかどうかはっきりしない点があり非常に分かり辛いところです。 実際にそれが副作用かどうかの判断は難しいですがよくある話ではあるので冷静に対処する必要があります。